日記 参院選の様子見をしながらバリュー銘柄を探し中

こんばんは、えふです。

今週は風邪をひいてしまい、げほげほしています。
皆さんも体調には気を付けてください。

さて、明日は参院選ですね。
報道・ネットで様子を見たところ、自民党が大差で勝ちそうな予感です。

自分も明日は投票に行きます。若い人が投票に行かないと、公約にしろ政策にしろ若者よりも高齢者優先になりがちになってしまうためです。
政治家も当選しないと無職になってしまうので、投票比率の高い高齢者を優遇せざるを得ません。


そのような参院選の様子を見ながらバリュー株を探していました。
前回ご紹介した地域新聞は利益確定させました。

購入時株価 505円
売却時株価 625円

23.8%アップです。よいよい。
今は経済状況が非常に不安定なので月末か、8月までは追加投資は控えます。

というのも、7月下旬には下記のとおりイベントが控えており、追加緩和発表の可能性があるためです。
また、上記イベントで追加緩和の発表があるとすれば、それまでは大きな報道もなく不安感から円高・株安の流れが継続する可能性が高いためです。

7/21(木)       ECB理事会
7/25(火)・27日(水)  FOMC開催予定
7/28(木)・29日(金)  日銀政策決定会合

欧州はイギリスのEU離脱により、株価も為替も変動しています。
この状態を立て直すためにも量的緩和をする可能性は十分あると思います。

また、アメリカは雇用情勢はよくなっていますが、イギリスのEU離脱もあり、追加の利上げはまぁたぶんないと思います。
もし利上げを行った場合、さらに株価がさらに下がってしまいせっかく堅調に回復している雇用情勢も悪化してしまいます。

じゃあ、日本は?というと・・・皆さんが一番痛感していますよね。

5/31には日経平均17,234円だったのに、7/8では15,106円と約1か月で14%下落。
5/31には1ドル110.68円だったのに、7/8では1ドル100.53円と10%円高。

メインが長期インデックス投資(という名のほったらかし運用)なので、あまり気にしていませんがひどいですね。
この状態は日本としては、2年ぶりの1ドル100円割れの危機的状態です。
黒田バズーカ来る可能性は十分にあります。

黒田バズーカで量的緩和が発動すれば、現状の株価は一時的にですが上向きます。
ならば、今のうちにバリュー銘柄を探して仕込みの準備をしておいたほうが良いです。

今回も自分なりのバリュー投資基準で銘柄を5つほど見つけてきました。
日々の株価の下落を見守りながら、もっと安くならないかなぁと期待しています。
もし、興味がある方がいたらどんな銘柄を見つけたか書こうと思いますね(勝率は保証しませんが・・・)

あと、もっと下落したらメインのインデックスETF/投信にも追加投資しようかな、と考えています。
手持ちの軍資金次第ですね。

最近はソーシャルレンディングにも手を出しているので、欲張りすぎず自分の損失許容度を見定めながら慎重に投資をしていきたいと思います。
そういえば、まだラッキーバンクの口座開設もみんなのクレジットの検討・判断もしていなかったです。
まぁ、クラウドバンクの運用状況を見ながらぼちぼちやっていきます。

ここまでご覧いただきありがとうございます。


この記事へのコメント